見積りサイトのサービスは家の価格(1坪いくらの単価)と併せて…。

顔の見えないネット経由で済ませるのですから、直接顔を合わせて打ち合わせをしながら間取りや見積もりの提案を頼むよりは品質が劣るのは道理というものです。
そして、見積もりサービスがあるサイトとはいっても必要資料のすべてがパーフェクトに集まるというわけでもありません。各社で対応できる資料の種類は違うからです。
身近な工務店のデータが欲しい時は、一括資料請求だけではなく工務店ごとのフォームで直接資料を請求するなどピンポイントでやる必要が出てきます。
必要情報入力フォームのその他参考事項の入力欄に「資料送付以外のダイレクトなアプローチは今は必要としていませんので、ご遠慮ください。」と書いて不要の意思を示しておくと、親身に考えてくれる会社は営業せずに資料だけをスマートに送ってくれます。
このような装飾された情報を鵜呑みにするだけでは気付かないメーカーの価値を覗けるところも資料請求してみることの有用性と言えるものです。

そして資料請求出来るサイトの登録メーカーの中には、ユーザーの希望エリアでは着工不可能な住宅ブランド会社や工務店でも関係なくマッチング結果に入りこんでくる業者もあります。
カタログのみをくれるところもあれば、間取りのアイデアプランや施工の事例集、家づくりのあれこれを詰めこんだ教科書のようなオマケ本などもセットに含める良心的な会社もよくあります。
タウンライフ家づくり間取りの参考プランや費用見積もりの作成を依頼出来る一方、ライバルの資料請求サイトよりも収録メーカー数だけを見れば不利になります。
見積りサイトのサービスは家の価格(1坪いくらの単価)と併せて、様々な部分で払うことになる諸費用もカバーした総コストを調べることが出来る仕組みになっています。
メーカーの住宅展示場へ見学に行った場合も接客した営業スタッフが担当者でほぼ決められるものですが、そういった場合後で願い出れば担当者を変更してもらうようなことも出来ます。

資料請求した時の対応に違和感がある、必要な資料をもらえない不親切なメーカーにメインイベントのマイホーム計画を頼むのは、正しい選択とは言い切れません。
外せない条件を手あたり次第リストに入れて検索すれば1社1社丁寧にリサーチすることも一つの方法ですが、ここは一つすべての登録業者を視野に入れてドカンと資料請求しちゃいましょう。
送付される資料のおおまかな内容は、会社自体のPRを目的としたカタログ媒体や要点だけをかいつまんだ家の特徴をPRする自社住宅のアピール用パンフレット、間取りの参考提案や物件ごとの施工事例などの3~4つが多いようです。
カタログ収集の考え方の成否の分かれ目は、狭い視野に捉われることなく多種多様な手法を凝らして住宅メーカーのカタログを手中に収める柔軟な思考です。
家づくりの相談をしたい家づくりメーカーの取捨選択がさっぱりな方、住みたい家や雰囲気がおおまかにでも掴めている方には使ってみて損のないサイトです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました