既に紹介したタウンライフ家づくり間取りサンプルの提案や費用見積もりの提案を依頼出来るかたわら…。

こうしたサービスでまずはいったん求める間取りプラン図面の形にしていれば、候補に上ったメーカーの担当者に毎回間取りの構想を最初から伝える煩わしい手間を防ぐことが出来ます。
かたや、サイト上で完結出来る一括資料請求はたった1回の入力操作で気になっている住宅会社の情報を短い時間で集められます。しかも自分の好きな場所で悠長に検討作業に集中できます。
資料請求する副産物として、資料のラインナップの良し悪しや送付にかかるまでの時間、スマート感など、家づくりを受け持つ専任担当スタッフなどの人材レベルも推察できるのを忘れてはいけません。
これには酌むべき事情もあり、オーダーメイド住宅は敷地の状況や延べ床面積、付属設備や間取りプランの中身で坪単価が安定しないため、実際的な費用についてはカタログを眺めてみても分かりにくいものです。
ハガキまたはFAX送信でもメーカーカタログを請求出来るため、余った時間でカタログを入手しつつ情報収集すると、要領よくベストな情報を入手出来ます。

さらにもう一つ、サイトで出された仮の間取りプランや見積り費用がその内容に保証が得られないので、それを踏まえて各会社で担当者と打ち合わせてより確実に仕上げなくてはなりません。
一括資料請求のサイトコンテンツやこちらもサイト上の一括見積りだけでは完璧とまではいかないことになってしまうものの、判断材料がないうちは条件に合うメーカーをリストアップしやすい便利な手段になると言えるものになるでしょう。
しかしそれなりに、検討し始めたばかりのころに手軽にヒントを集められる方法として位置付けるといった程度には参考とし得るものなので、ほどほどにワクワクしながらプラン作成の依頼するとがっかりせずに済みます。
どちらの手段も時間も手間もかかる他、道筋が決まっていない検討の段階であることも関係なく家や携帯への電話や戸口訪問など直接のアプローチで押し込まれてしまうのはいただけません。
初期の段階では、各メーカーや工務店業者の先出し情報を自宅のインターネットで集めておいてから住宅展示場へ行けば、予備情報を得ているぶんスムーズに交渉出来るためやっておきたいところです。

そこで今回は、資料請求サイトや見積りサイトの落とし穴や心配無用の使い方をお伝えしようと思います。
ついでに、一括見積り出来るサイトとはいっても資料一式が抜け目なく集められるというのはさすがに夢を見過ぎです。メーカー次第で出てくる資料は変わるからです。
既に紹介したタウンライフ家づくり間取りサンプルの提案や費用見積もりの提案を依頼出来るかたわら、他のサイトと比較すると収録社数は一歩及びません。
そうした方のために、一括資料請求サイトのそれぞれのアピールポイントやどのような状況の方にユーザビリティが良いと言えるのか、他メーカーのサイトとの違いを示しながらお役立ちアドバイスしようと思います。
ハウスメーカーは同じでも担当者次第でサービスの質が変わるものです。資料請求サイトは顔を合わせずに情報をもらえる一方で、担当者はお任せになるのが玉に瑕ということになるのも致し方ありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました