先に紹介した「タウンライフ家づくり」は間取りプランの制作や見積り提示を依頼するシステムがあるためか…。

ほとんどの一括資料請求サイトは、全国規模で展開する知名度の高い住宅企業やこちらも大きい工務店が目立ってクローズアップされているのが当たり前。
資料請求のためのコンテンツの他に、登録メーカーや工事業者へ相談を申し込むことが可能で、各メーカーのモデルハウスやモデルハウスが複数まとめられた展示場の見学希望の申し込みが出来るシステムも用意されています。
直接的な営業を回避したい場合は、「電話や訪問による営業はお断りします」と予防策を打っておいて満を持して資料請求すれば、何の手も打たないよりは電話や訪問をされるケースはかなり少なめに出来るのでやってみましょう。
有名ハウスメーカーの情報掲載も押さえていますが、あえて言うならローカルエリアの知名度の低い工務店にもスポットを当てている資料請求一括サイトといったコンセプトです。
参考にしたいデザインのコツや間取りのパーティションパターン、設備の性能といったマイホーム構築のアイデアの豪華セットな部分でも、カタログの見返りは大きいのではないでしょうか。

ネット検索のシステムは、最低限度の家づくりのポイントを頭に入れておけば強力なツールになり得ますが、ゴール地点を見定めていないと無意味な労力と家づくりプランの貴重な時間をドブに捨てることになります。
ネット上でのやりとりのみで間取りプランの提案依頼や費用見積もりの提案を作成してもらうのは不可能なので理不尽な押し付けをしないように留意してください。
先に紹介した「タウンライフ家づくり」は間取りプランの制作や見積り提示を依頼するシステムがあるためか、他の資料請求サイトよりも掲載メーカー数で見れば後塵を拝しています。
家づくりを相談したいメーカーの見つけ方の見当がまるで分らないという方、作りたい家や頭の中のイメージがおおよそ分かる方にはフレンドリーなサイトです。
さらにもうひとつ、各一括資料請求サイトの登録メーカーの中には、利用者が求めるエリアでは建設工事不可能なメーカーや工務店であるのにもかかわらず検索結果のリストにしれっと潜り込んでいる業者もあるのが泣きどころです。

その一方で、サイトの資料請求はお手軽カンタンな専用フォームで気に入りそうな住宅会社の情報を短い時間で入手可能。しかも自宅のリビングで余裕たっぷりにマイホーム計画を楽しめます。
ムダに出来ない時間の中で上手に夢のマイホーム計画を進めてゆくためにも、タダでメーカー発行カタログを活かすことは、情報社会の現代では必然と言えるのです。
これにもちゃんと理由があり、条件が様々な注文住宅は敷地の環境や建物部分の延べ床面積、付属設備や間取りプランの中身で坪単価が大きく左右されるため、コストの面はカタログを眺めてみても分からないものです。
カタログ集めのコツの分岐点は、ワンパターンに陥らずにありとあらゆる手段を生かして参考資料となるカタログを収集する度量です。
マイホーム計画を立てる人でよくオリジナルの間取りを頭の中に用意している人もいるにはいますが、実際にやってみて可能な間取りなのか、予算内に収まるのかといった不安視するポイントもついて回るものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました