ダイレクト営業を回避したい場合は…。

資料請求への反応が鈍い、欲しい資料が出てこない担当者がいるメーカーに本番となる家づくり計画の実現化を求めるのは、賢い選択にはなり得ません。
プロによるオリジナルの間取り図の提案と費用想定を作るシステムはタウンライフにしかありません。資金関係や間取りはきっちりしたい家づくり希望者はもう絶対に突撃してみてください。
一括資料請求のサイトは好き好きの評価がされやすいとは言え、住宅業者の情報を集めることを考えると大切でもあり効果的な手法です。
資料請求サイトから資料請求した時、メーカーごとに置かれている担当スタッフから自宅宛てに資料が郵送されますが、届く資料の中身は担当者の個性が出ることもあります。
逆らえずに入力すると、各社のセールス電話と家への訪問が来てしまうこともあるようです。統計で見れば、営業よりも作業で売る工務店よりは営業に人手を割けるハウスメーカーの方がダイレクトセールス率が高くなります。

そしてさらに、見積りしてもらえるサイトとはいっても必要な資料一式が必要十分にコンプリート出来るというのはまず無理です。各会社で対応可能な資料の種類は異なります。
そしてハウスメーカーの個体差で、費用・間取りなど各プランはもとより、注文住宅で実現出来る注文や計画進行のノウハウが変わってくる事実を見せつけられます。
サイトの申し込み画面のその他記入欄に「電話・訪問などの直接のアプローチはご遠慮ください。」と書いて不要の意思を示しておくと、良識のある資料請求担当者は要望を汲んで資料だけを送ってきてくれるのです。
家づくりを始める際、80%にも上る人が住宅カタログを見て会社選択の判断に活かしたというデータもあるほど、カタログを請求するというステップはもはや必須と言ってもいいでしょう。
前出の「タウンライフ家づくり」は間取りサンプルの作成や見積り提示を依頼出来るかたわら、ライバルの資料請求サイトよりも掲載メーカー数の面では不利です。

家づくりの計画の中でスタートラインと言えるパートナーのハウスメーカーの選定フェイズは成功のカギを握る大切な要素。夢を夢で終わらせないためにも、資料請求のサービスを出来る限りリターンに活かしましょう。
大手メーカーの掲載事例もカバーされていますが、他と比べて地域に密着した地元集中型の工務店にも注目している資料請求一括サービスになっています。
ダイレクト営業を回避したい場合は、「自宅への電話・訪問営業はお断りしています」と意思表示して資料請求をかけると、何も書いていないよりは電話や訪問が来る件数はかなり少なめに抑えられます。
ただ、多くの業者が展開している資料請求をまとめて出来るサイトの中からどの運営元のサイトを利用すべきか判断する材料がない施主見習の方も多数いるのが現実と思われます。
「持ち家計画」は、業界トップのライフルホームズやスーモなどに登録がないブランド企業や身近な街の工務店が少数ながらも分かりやすく掲載されているのが独自性のポイントです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました