もう一つの留意点は…。

同じ会社でも担当者が違えば対応の質や量が大違い。資料請求サイトは相手社員と会わずに情報をもらえるメリットの裏で、担当者を選ぶ自由がないのは玉に瑕ということに否定できません。
ネット上の入力のみで間取りプラン作成依頼や費用の見積りをフォローするのは無理があるので無茶振りをしないように留意しておいてください。
サイト選びで悩まずに済むように、一括資料請求サイトの各自の目玉やどんな条件の方に合いやすいのか、他メーカーのサイトとの違いを交えて説明してメーカー選びをサポートします。
直接各社の展示場へ見学に訪れた場合も最初に当たったタッフが担当者ということで自動的に決められることが一般的ですが、そうした場合でも後からサポート窓口などに申し出れば担当者を変えさせることも可能です。
実費でわざわざハウスマガジンを購入して情報を探す必要すらなく、各社のハウスカタログには水回りや快適設備などの新鮮な情報がイメージ写真や文章による解説付きで載せられます。

ネット検索は、そこそこ家づくりの必要知識を押さえているなら効果的な情報ソースとして役立ちますが、探すべき情報が分からなければムダな労力とマイホームの実現までに残された時間を浪費してしまいます。
しかしユーザーの中には、あまりにも多い一気に資料請求出来るサービスの中からどういったサイトを選べばいいのか決められない家づくり希望者も多数存在するのが現実と思われます。
全国CMや広告を打っていない小規模ハウスメーカーや小規模工務店でも、もしかすると自分や家族の願い通りの心の琴線に触れる家づくりを有言実行してくれるプロ集団が、住宅業界の星空に輝いているかもしれません。
候補に挙げられる好アピールのメーカーがサイト上にない際は、各メーカーの展示場の担当者に間取りや見積りといった情報提供をもらえるよう頼むのがおすすめです。
ただのカタログを送ってくる会社もあれば、間取りのサンプルや施工事例に関する資料、家づくりのポイントが分かるハウツー本のような小冊子をセットに含める気が利く会社も存在します。

資料請求の手段としては、ハウスメーカーの住宅展示場でスタッフからもらう他にメーカーごとのセールスサイトや、資料請求がまとめて出来るサイトを試すといった方法があります。
希望者に送られる各資料の中でひときわ欠かせないのが、実際の受注ケースでその住宅メーカーが地図に残した家を確認出来る施工案件の事例集です。
だいたいの見積りも出されるので、おおまかな範囲の資金プランや間取りプランを参考にした上でじっくり検討したい方、今ある土地にマイホームを新築する計画を進めたい方に重宝されるサイトです。
もう一つの留意点は、サイトで受けた仮サービスの間取りプランや費用見積もりは保証されるわけではなく、その後に各住宅メーカーでヒアリングを受けてより正確に作り上げる必要があります。
たいていの場合、気になるメーカーを数社選んでから希望する間取りの図面化、その後見積りという流れになりやすく、折り返し地点を過ぎてからようやく正確な費用がお目見えする段階を迎えるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました