興味が湧いた住宅会社が掲載リストにあったら…。

リクルートが運営する「スーモ」もライフルホームズに比肩し、想定予算や間取りプラン、機能性、デザインセンスなどで会社をフォーカスしてハイライトで検索出来るシステムで人気です。
大手有名メーカーの登録も隙はありませんが、際立つポイントとしてはローカルエリアの工務店にもチャンスを与える資料請求サイトのサブ的な立ち位置といった作りです。
狭いエリアで控え目に営業している小規模業者はほとんどリストアップされておらず、有名無名にかかわらず全ての住宅関連企業や工務店などの情報をコンプリートしているとは言い切れません。
請求者情報入力画面のその他ご希望欄に「電話や対面によるダイレクトなアプローチはこちらからアプローチするまでは控えていただけますようお願いします。」と断りを入れておけば、お客様主義の請求先企業の担当者は強引な営業を避けて資料だけを送ってくれるものです。
これには酌むべき事情もあり、オーダーメイド住宅は敷地の状況や面積、付帯設備や間取りの取り方で坪単価が変わるため、コストについてはカタログを眺めても分かりにくいのです。

土地図面の提供は任意ですが、土地の形や周囲の建物などで玄関や窓の位置と向き、部屋の間取りや配置が変わるため、買ってある土地や成約予定の土地がある人は添付して申し込めばより正確なリターンがあります。
一括資料請求サイトを利用して資料請求した時は、メーカーごとに決められている営業担当者の裁量で資料が送付されるのですが、手元に届く資料の中身は同じとは限りません。
マイホーム大作戦の計画案策定に入ったらやる気に比例するような手に余りそうなくらいの登録会社の情報をかき集めて家づくりの匠探しにミスしないように肝に銘じておきましょう。
資料請求で情報を集めるのが効率的な理由は、各メーカーの展示場へネギ背負って飛び込んだ時のようなそこにいる営業担当者からの営業トークの機銃掃射を受けずに回避できることです。
同じ住宅会社でもどの担当者が対応するかでサービス対応の質がガラッと変わるものです。資料請求サイトは相手社員と会わずに情報をもらえることと引き換えに、担当者は運任せなのが短所になるのはやむを得ません。

資料請求の一般的な集め方としては、各メーカーの展示場で担当者から手渡されるほかにメーカーが運営しているセールス用の公式サイトや、資料請求が一括して行えるサイトを効果的に使うなどのテクニックがあります。
興味が湧いた住宅会社が掲載リストにあったら、その他のメーカーの有望候補も比較しながら3社前後依頼してみると効率の良い情報収集が出来ます。
そしてもうひとつ、一括資料請求サービスサイトの掲載業者の中には、家を建てて欲しいエリアでは建設工事不可能な住宅メーカーや工務店なのにもかかわらず検索リザルトに混ざってくるところもあります。
あくまでもサイト上だけで済ませる形なので、対面で打ち合わせをしながら間取りや費用の参考提案を依頼するより提案の正確性がそこそこ程度になるのはやむを得ません。
たいていの場合、期待出来そうなメーカーを数社に絞り間取りプランを作成、それから見積りというフローになり、前半を終えて初めて具体的な費用コストが分かる場面を迎えるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました