このようなうわべの情報だけに頼っていては見逃しやすいメーカーの価値を推察できる機会をくれるところも資料請求の有用性の一つなのは間違いないでしょう…。

資料請求を申し込んだ時、家づくりを手伝ってくれるサポーターになる自分担当のスタッフをお好みで選ぶことは出来ないのが普通です。実は資料請求のタイミングで請求者を担当するスタッフが既に決まっているパターンが多いためです。
しかしユーザーの期待の裏で、どのハウスメーカーのカタログを眺めても、実際の建築費用や坪あたりの単価などについてはほとんど紹介されない場合も日常茶飯事です。
「ホームズ」などが有名な一括での資料請求が可能なサイトは、多くの住宅関連企業の資料をフルセットでおまとめ請求可能なためお利口な方法です。
家づくりを始める際、8割に上る人が住宅カタログを会社選定の基準にするというデータがあり、カタログを請求するということがもはや必須であるとも言えるでしょう。
このようなうわべの情報だけに頼っていては見逃しやすいメーカーの価値を推察できる機会をくれるところも資料請求の有用性の一つなのは間違いないでしょう。

直接各社の展示場へ行った場合も最初に接客した担当者でほぼ決まるのが一般的ですが、そうした場合後で要望を出せば担当者を配置転換させることも可能です。
そして、掲載ハウスメーカーごとの費用想定の材料になる坪単価や主な施工事例、間取りの特徴などがそれぞれ閲覧できるので、資料請求の参考としてある程度の範囲内で選考に残したいメーカーを絞り込み可能です。
ざっくりした見積りも計算してもらえるので、だいたいの資金のプランニングや間取りプランを見た上でじっくり検討したい方、今ある土地にピッカピカの新築を建てる計画を進めたい方に着々と浸透しているサイトです。
大手サイトのホームズやスーモより収録されているハウスブランドのラインナップこそ大きく水をあけられていますが、大手有名サイトにはない無名の優良メーカーや地元ローカルの施行業者を掲載しているのが特徴です。
申し込み画面の特記事項などの入力欄に「電話や訪問など直接的なアプローチはご遠慮ください。」と断りを入れておけば、節度をわきまえた企業は営業なしで資料だけを届けてくれます。

「ライフルホームズ」の強みは、予算や理想の間取り、付帯設備などの機能、得意とするデザインなどで家づくりの依頼を持ち込みたい登録メーカーをピンポイントで検索出来るのが秀逸。
相手のホームグラウンドに飛び込むこの2つの方法はそれなりの手間がかかることの他に、選択肢を絞るだけの段階から否応なくセールス電話や住所訪問といった直接のアプローチを受けてしまうのはいただけません。
これは家づくりの実情が関係しており、注文を受けて造る家は敷地の立地状況や建物部分の床面積、関連設備や間取りの影響で坪単価の変動が大きいので、コストの面はカタログを眺めても分かりにくいのです。
名前を知らないローカルなハウスメーカーや住宅建築会社でも、実はまたとない好機でマイホームを追い求める人にとって憧れの家づくりの提案を実行してくれる業者の原石が眠っているかもしれません。
家づくりの幕開けとして専用サイトの一括資料請求機能を使うのが不安な場合、メーカー直営の最寄りのモデルルームへ足を向けるか、メーカーの公式ホームページ検索して資料をもらう二者択一になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました