ただのカタログを送って済まされることもあれば…。

大手メーカーの掲載情報もケアしていますが、比較的にローカルエリアの有名ではない工務店にもチャンスを与える資料請求一括サイトといった雰囲気です。
際立って好印象だった住宅メーカーがあったり、手応えを掴めそうなユーザーイベントや実際の様子を掴みたいレプリカハウス、そのメーカーに特化して見たい展示場がほぼ決まっている方には必ず役立つ縁の下の力持ちサイトです。
そしてもう一つ、サイトで頼んだ間取りや想定見積りは正確性は保証されないため、最後の仕上げに各メーカーで打ち合わせて正確なものに仕上げる必要があります。
ほとんどの場合、採用候補のメーカーを数社選定して希望する間取りの図面化、それから費用の見積りという進め方で、折り返し地点を過ぎてからようやく具体的な費用が分かるということになるのです。
上のアドバイスのように紙の資料だけに目を奪われていては気付くことの出来ないメーカーの価値を推し量れるチャンスをくれることも資料請求を行う利点の一つなのは間違いないでしょう。

はやる気持ちを抑えて目に留まった会社へ資料請求を申し込んでも、その後クールにもマニュアル主義の担当者から「当社では対応出来ないエリアです」と痛烈なカウンターパンチが来るパターンもあるのが現実。
補助的な立ち位置の「持ち家計画」は、大手有名サイトのライフルホームズやスーモには登録が見られない企業や選び抜かれた工務店が少ないながらも詳しく掲載されているのが強みです。
おおよその見積りも出されるので、大体の数字での資金プランや間取りプランを実際に見た上でより正確に検討したい方、所有地に新築する目論みがある方に崇拝されるサイトです。
各地域の評価が高いメーカーランキングなどユーザー目線の機能も用意されているので、ここも同様にまだメーカーの判断がついていないなどでお悩みの方に役立つ注目のサイトです。
メーカー公式カタログには、料金なしで公開するのは豪華すぎるという声が出そうなほど、家づくりに貢献してくれるハウツーや事例のサンプルがこれでもかとばかりに紹介されています。

なお、見積りが出来るサイトだからといっても資料のすべてが漏らさず集められるというのは無理です。会社によって出せる資料は変わるためです。
資料請求を利用した際、家づくり大作戦の味方になってくれる自分直属の担当者をお好みで選ぶことは不可能です。実は資料請求したタイミングでその請求者の担当スタッフが会社側で決められる場合が一般的です。
ただのカタログを送って済まされることもあれば、間取りプランのプレゼン資料や施工物件の参考事例、家づくりのノウハウが分かるマニュアルっぽい小冊子をサービスしてくれる気が利く会社も結構あります。
いずれの方法も時間も手間もかかるだけに収まらず、単なる検討段階なのに否応なく家や携帯への電話や個別訪問直接のアプローチで押し込まれてしまうこともあります。
サイトの一括資料請求機能と見積りサイトの機能だけではそれなりの内容に留まってしまうのは当たり前ですが、検討し始めたばかりの頃は依頼するハウスメーカーを絞り込む効率的な手段たり得る程度には使えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました