住宅誌付属の請求用ハガキを送るのもお勧めです…。

資料請求する時、家づくりを手伝ってくれる女房役である自分担当のスタッフを自分の意思で選ぶことは不可能です。資料請求したタイミングに合わせてその請求者の担当スタッフが決定されるのが大半です。
ただのカタログを送って済まされることもあれば、間取りプランの参考資料集や施工物件の事例を集めた資料、家づくりのいろはが分かる教科書のようなオマケ本などもチョイスする気が利く会社も見かけます。
持ち家計画同様にサブ的な立ち位置の「タウンライフ家づくり」は、家づくりのプロに家の間取りのプランを書いてサポートしてもらえる異色ののサービスがポイントです。
まとめて資料請求出来るサイトはなんとなく見ていると利用ハードルが高そうに感じる人を時々見ますが、アイディアと工夫次第で目から鱗が落ちるほど効率がよくなる資料集めの手段です。
カタログの請求で肝に銘じるべきなのは、狭い視野に陥らず思いつく限りのルートを活かして住宅メーカーのカタログを手に入れる柔軟性です。

ほとんどの場合、印象の良さそうなメーカーを数社選んでから間取り構想の具体化、そして見積り提示という進め方になり、前半を終えてから具体的に算出された費用コストが見えるということです。
資料請求から既に対応に違和感がある、欲しい資料をもらえない会社にその後の大事な家づくりのあれこれを任せてしまうのは、有効策とは言い切れません。
家づくりを任せたい住宅メーカーの見当が済んでいない方、住みたい家のスタイルや完成予想図がおぼろげに考えられる方にはフレンドリーなサイトです。
メーカーは同じでもどの担当者かによって対応の良し悪しが変わってくるもの。請求先の社員と会わずに情報をもらえるメリットの陰で、担当者は運任せなのが欠点になるので注意しましょう。
SUUMOなどでよく知られる資料請求一括型のサイトは、種類豊富な関連業者の顧客向け情報を一息に請求できるためこれはもう欠かせない家づくりの最終兵器なのです。

なお各サイトの収録業者の中には、利用者の希望エリアでは建設工事不可能な会社や施工業者でも関係なく検索結果の一覧に入っている業者もあります。
住宅誌付属の請求用ハガキを送るのもお勧めです。専門誌の付属ハガキは、家づくりの参考となるテーマに沿って各メーカーにまとめてカタログなど参考資料を頼むことも出来て便利です。
このディフェンステクニックをやったうえで、それでも無遠慮に禁忌のダイレクト営業をしてくるハウスメーカーはそもそも何か重大な間違いを犯しているので良くない業者と当たりを付けるためのサンプルとして有効活用しましょう。
マイホーム購入の「よ~い…ドン!」が聞こえたらやる気に比例するような気の遠くなるような数の会社の情報を手あたり次第かき集めてパートナー選定にミスしないように意識しましょう。
しかしながら、多数開設されている一括資料請求サービスの中からどこを活用すべきか判断する材料がないというビギナー家主の方もかなり存在すると思われます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました