YahooやGoogleなどのインターネットは…。

「SUUMO」などが有名な一括での資料請求が可能なサイトは、多種多様な住宅関連企業の消費者向け資料を欲張り請求出来ちゃうのでまさに文明の利器といったユーザー必須テクニックなのです。
同じ住宅メーカーでも担当者が異なればユーザー対応のクオリティが変わるものです。資料請求サイトは相手側スタッフと情報を入手出来ることと引き換えに、担当者選びは会社側に一任されてしまうのが短所に否定できません。
エリア別の評価が高いメーカーランキングなどのコンテンツもあるので、ここも同様にまだ任せたいメーカーの見極めが出来ていないといった利用者に便利なサービスです。
サブ的な使い方が便利な「持ち家計画」は、業界大手のライフルホームズやスーモなどに載っていないブランド企業や地元エリアの工務店が少ないながらも分かりやすく掲載されていることで有名です。
まとまっていない情報でも間取り・見積もりを要求可能ですが、情報量に見合った完成度にしか出来ないので納得のいく間取りパターンや費用プランが不可能という、残念な結果になります。

ちなみに、見積り機能付きサイトを使ったからといって必要資料の一式がパーフェクトに集まるというのは無理です。各会社で対応可能な資料は異なります。
前出の「タウンライフ家づくり」は間取りや見積りのサンプルを依頼するシステムがあるためか、他社の資料請も求サイトよりも登録ハウスメーカーの数だけを見ると後塵を拝しています。
頼みたいブランドメーカーの見つけ方の見当がチンプンカンプンという方、作りたい家や脳内パースがおおよそ把握出来ている方にはフレンドリーなサイトです。
さらに加え、サイトで受けた間取り図や費用見積もりが必ずしも保証されるわけではなく、それを基に頼んだメーカーで打ち合わせをして正確なものに作り上げる必要があります。
しかしそうした重要度がある一方で、どこのハウスメーカーのカタログを見ても、はっきりとした建設費用や1坪あたりの価格といった費用面については言及されていない不明確な事例も少なくありません。

ネット経由で情報集めもいいですが、雑多な情報を前に、信用するに足る情報があやふや、といったケースもそこかしこで起こり得ます。
さらに出色のポイントは、収録ハウスメーカーごとの坪あたりの単価や、過去の施工事例、見本の間取り図などがそれぞれ閲覧できるので、資料請求に踏み切る前に一定の範囲内で選考に残したいメーカーを絞り込むことが出来ます。
YahooやGoogleなどのインターネットは、最低限の家づくりのマメ知識を頭に入れておけば強力な切り札として扱えますが、探すべき情報が分からなければ無意味な手間と時間のリソースを浪費することに他なりません。
心をとらえる会社がサイトでは見つからないような場合は、各社の住宅展示場で情報が欲しい旨を伝え間取りのサンプルや見積りといったサポート情報を願い出るのが唯一の方法になります。
この手法でひとまず理想の間取りを準備しておけば、候補になるハウスメーカーの担当者に毎回間取りの要望を最初から伝えるムダを防ぐことが出来ます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました